So-net無料ブログ作成
検索選択

Ken Smith Burner Tapercore Medium-5 [楽器]

Tuneの5弦ベースの弦のあっちこっちに錆が出始めた。長く換えずにいたがいいかげん限界だろう。ということで弦交換をすることにした。

元々張っていたのはダダリオのニッケルの5弦セット。ジャズベにマーカス弦を張ったら御機嫌だったのでステンレス弦も考えたが、ステンレスなら既にジャズベに張ってあるし、以前の弦と比べてみたかったのでニッケル弦のままでメーカーを換えてみることにした。候補は「ケン・スミス:多弦用では定番らしい」「Rココ:なかなか評判が良い」。

IMG_3284.jpg
で、選んだのはケン・スミスの「バーナー・テーパーコア・ミディアム-5」。ラウンドワウンドでゲージは45、65、85、105、130。

ケン・スミスの弦はニッケル、ステンレスともにニッケルとステンレスの合金だそうな。配合比によりニッケル・リッチな「バーナー」がニッケル弦扱いとなっている。パッケージに貼られた輸入代理店:Sleek Eliteの説明によると

「ケンスミス社の弦は、ニッケルアロイという合金を厳選されたステンレスに混ぜることによってざらざらとした手触りを押さえることに成功し、ニッケル弦の手触りとテンションの良さと耐久性に加え、ステンレス弦の長所であるブライトさ、シャ-プさをあわせ持っています(ステンレス/ニッケル弦は製造時のそれぞれの配分量がことなります。)」

だそうな。ちなみに「アロイ=合金」ね。

IMG_3303.JPG
弦を張ったベースはTuneの「Zi III-5 WN」の石橋楽器特注品(ピックアップがEMGの45Jx2になっている)。見た目2ハムだが実はJJ構成なのである。メイプル4ピースのスルーネックにウォルナットでサンドイッチしたマホガニーのウィングが接合されボディを形成している。指板材はエボニーでブラスナット。ブリッジはガッチリしたTune製B-5GG。弦間隔はジャズベから持ち替えても違和感が無く、その分ネック幅はあるものの厚さは厚からず薄からずで握り具合が良い。ボディもネックもオイルフィニッシュで触り心地もたいへん良い。24フレットネックでボディがコンパクトなおかげか多弦でもさほど重く感じない。重量バランスも良い。コントロールは1バランサー、1ボリューム、3トーン(L/M/H)。

IMG_3302.JPG
弦交換完了後のヘッド。実用1点張りのコンパクトなヘッドはこの頃のTuneの特徴。ロッドカバーはオプションの穴あきカバーに換えてあるのでいつでもロッド調整が可能だ。スミスのバーナーはペグポスト側は赤い飾り糸でブリッジ側は黒い飾り糸だ。3〜5弦はテーパーコアなのでブリッジの駒に乗る部分は弦が細く、その分アクションが下がる。当然のようにビビり音(フレットバズ)が出たので3〜5弦のブリッジ駒を少し上げた。

音出ししてみると確かにダダリオの弦とは傾向が異なるサウンドだ。Zi III-5に張っていた弦は死にまくっていたはずなので比較対象にはならないが、モッキンバード・ベースに張ったダダリオのニッケル弦との比較ではジャズベに張ったマーカス弦と似たような印象。ダダリオ特有のギラギラした高域は無く落ち着いた音で芯のあるズッシリとした音だ。DRのマーカス弦と比べると重心自体はバーナーの方が低く感じるが、マーカス弦の方がズンとした低域を感じる。スミスのバーナーは中低域が幅広く豊かでマーカス弦は低域が突出して豊かなのかも。すなわちマーカス弦は弦自体がドンシャリ・サウンドって感じかな。

触り心地は確かにダダリオのニッケル弦とは異なる。純粋なニッケル弦ではなくステンレスとの合金なせいだろう。硬く感じるが滑らかで指離れは良い。5弦弾きの悩みの種はLow-B弦の弾き心地だが、このスミスのバーナーのB弦はテーパーコアとステンレス配合合金の硬さのおかげかピッチは良く感じる。でもB弦ならではダルンとした振幅は消えきってはいない。以前に140ゲージの弦を買って張った事があるが、そっちの方が良かったかな。スミスのバラ弦で140があるならそれも試してみたいとこだ。まぁLow-B弦にこだわるならエクストラ・ロング・スケールの5弦ベースとかにすべきなんだろうけどね。

張ったベースがどアクティブなベースなのでイコライザーで多彩なサウンドメイクが可能だが、スミスのバーナーはイコライザーの調整をキレイに反映してくれる感じだ。ドンシャリにしてもミドルを強めてもブーミーにしても操作した通りに音が出てくれる。音作りがしやすい弦って感じかも。張り立ての時にハイがうるさくないので経時変化が少なく安定した出音をしばらく得られるであろうという期待も持てる。合金化されてるおかげで酸化(ようするに錆びる事)する過程も異なるだろうし、普通のニッケル弦より寿命が長そうな予感がする。あくまで予感なんで実際どうかはしばらくしてからのお楽しみだ。

とりあえずとても無難な使いやすい音が出るニッケル弦という印象だ。DRのマーカス弦ほど御機嫌ってわけじゃないが今のところ不満は無い。どうやらワシはステンレス弦が好みみたいだ。スミスのステンレスも試してみたいな。あとRココも気になる〜。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。